header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
ブックレビュー(日本教文社) > > レビュー:『突然の恋』(谷口純子著)

レビュー:『突然の恋』(谷口純子著)

突然の恋
<DATA>
『突然の恋』
谷口純子著
定価(本体857円+税)
日本教文社刊

私たちは人生の主人公であり、日々明るく丁寧に生きることに人生の答えがある

「突然、恋に落ちたら……」
いつの世も多くの男女が憧れ悩む永遠のテーマですね。
私もドラマのような恋に憧れては、失恋して落ち込んだものです。
今思えば、「恋」とは自分にはどうしようもない運命的なものだと信じていたのでした。
自分の日々の生き方やものの見方が大きく関係しているなんて知りませんでしたから。

もっと早くこの本に出合っていたら、いい恋をして今よりももっと幸せな人生を歩んでいたかもしれない……。
そんなことを思いながら『突然の恋』を読みました。

メイ利子さん

「喜びや楽しみは、本当は自分自身の日常の中にある。それは誰の日常の中にもあり、ただ必要なのは、それを『見出す心』だけ」(136〜137ページ)

生長の家白鳩会総裁・谷口純子先生のこのご著書は、私たち一人ひとりは人生の主人公であることを伝えています。
さらに、男女の恋から人生全般のテーマへの答えは、当たり前の毎日を広い心の視野で明るく丁寧に生きることにあると、日常生活から地球環境問題に至るご自身の生き方を通して分かりやすく教えて下さいます。

副題の「Decision to Love」(愛する決心)には、誰もが主体的に「愛する」という経験を通して、積極的に人生に生きがいと喜びを見出して生きることが、個人の幸せだけでなく、より大きな世界の幸せに繋がっているという意味が含まれているように思います。

恋に憧れるあなたにも、恋は既に経験ずみのあなたにも、希望に満ちた幸せな人生を送りたいすべての老若男女にオススメです。



may-blogqrcode.png メイ利子
生長の家本部国際部に勤務
何気ない日常から宝物を見つけ出すブログ
mayのブログ あたりまえの毎日の中で…。」を公開中


『白鳩』vol.1「私のブック&シネマライフ」から転載


※ ※ ※      ※ ※ ※      ※ ※ ※


突然の恋 ある日突然出会った人に心惹かれ、恋におちる──そんな、一見、自分の意志とは無関係に見える“恋”にも心の力が作用しているという。人生は、“運命”のようなものに引きずられるのではなく、あなたの心次第で素晴らしい未来が開けることがよくわかる一冊です。

谷口純子(著) 定価(本体857円+税)
▽新書判・並製/240頁/ISBN978-4-531-05263-9/
初版発行 2009年4月/日本教文社刊

ご購入はこちらから