header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
ブックレビュー(日本教文社) > > レビュー:『神 真理を告げ給う』(谷口雅春著)

レビュー:『神 真理を告げ給う』(谷口雅春著)

神 真理を告げ給う
<DATA>
『神 真理を告げ給う』
谷口雅春著
定価(本体1095円+税)
日本教文社刊

神様の語る言葉に心洗われる

かつて、生長の家の「神」について深く学びたいと思っていた私は、「神」と名のつく題名の本を数冊買って読み始めました。
その時、一番最後に読んだのが、この『神 真理を告げ給う』でした。

村上満代さん

この本の「端書き」には「”私”とあるのは”神”ご自身のことであって谷口のことではない」と書かれてあり、このご文章は神様が告げられた言葉そのものであることが分かり、その力強い語調に目が覚める思いがしたのを今もはっきり覚えています。

そして「神」の素晴らしさが分かると同時に「自分は神の子」であるということが実感でき、初めて自分自身も他の人たちも「神の子」として拝める気持ちになりました。
不完全な現象の奥に「完全円満な実相がある」と分かって本当に嬉しくなりました。

それまでの私は、自分自身のことを何の取り柄もない劣等感のかたまりのような人間だと思っていました。
それがこのご本を読んだ後、本当に神の子として生まれ変わったような気持ちになったのです。
神の子の無限力は、これからの「練習」や「努力」次第でいくらでも引き出すことができると知り、未来に希望が持てるようになりました。

それ以来、現象に現れている不完全さに心が引っかからなくなり、腹が立ったりすることも少なくなって、次第に穏やかな心になっていきました。

『神 真理を告げ給う』は、私の人生観が大きく変わるきっかけになった本でした。



村上満代
岩手県出身
生長の家養心女子学園卒業後、
生長の家総本山に奉職
現在、同練成部に勤務
趣味は読書、お菓子作り


『白鳩』No.7「私のブック&シネマライフ」から転載


※ ※ ※      ※ ※ ※      ※ ※ ※


神 真理を告げ給う 生長の家創始者である著者を通して、神が読む人に語りかける天徠の書。本書を精読することで“真理”の理解がいよいよ深まり、日常生活を改善するためにも充分役立つものとなる。

谷口雅春(著) 定価(本体1095円+税)
▽四六判・上製/188頁/ISBN4-531-05047-9
初版発行 1973年/日本教文社刊

ご購入はこちらから