header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
ブックレビュー(日本教文社) > > レビュー:『今こそ自然から学ぼう』(谷口雅宣著)

レビュー:『今こそ自然から学ぼう』(谷口雅宣著)

今こそ自然から学ぼう
<DATA>
『今こそ自然から学ぼう──人間至上主義を超えて』
谷口雅宣著
定価(本体1238円+税)
生長の家刊

人間以外の生物や環境も、「神において一体」であると知る

私は生長の家総本山で農事を担当し、境内地の大自然の中で菜園や水田などの管理をしています。
ここでは環境にやさしい農事作業を目指して、無農薬で野菜を育てています。
菜園の土作りには生ゴミとEMボカシ(EM発酵資材)を混合し発酵させた肥料を使用しています。

上村アリ子さん

水田では除草剤を使わないため草が生えますので、練成会に参加の方々や職員一同で草取りを行います。
ヌルヌルした土の感触を楽しみながら「ありがとうございます」の声高らかに作業しています。
水田は生き物の多様性が守られていて、様々な植物やイモリやカエル、テアカガニなどが生活しています。
そんな自然と共生した菜園や水田が大好きです。

自然の恩恵をそのままに受けて日々暮らしている私は、本書の書名をとても身近に感じ、発刊されると早速読み始めました。
環境問題や遺伝子組み換え問題などは、地球にも大変な危機をもたらすと学び、神の愛に背いた科学技術の開発が、今行われているということを知りました。
そして、人間以外の生物や環境も「神において一体」であるということを考えるきっかけを与えてもらいました。

人類はこれまで他の生物や鉱物から多くの恩恵を受けてきました。
私たちは「生きている」のではなく、大自然によって「生かされている」のですから、私も万物を生かす生き方をしていきたいと思います。
自然の法則に適った行動を意識することで、大自然への感謝と愛を現していきたいです。



上村アリ子
熊本県出身
子どもの頃は山が遊び場だった。
地球温暖化防止に貢献するため、
自宅に太陽光パネルを取り付けてオール電化に。
肉食も控えている。


『白鳩』No.8「私のブック&シネマライフ」から転載


※ ※ ※      ※ ※ ※      ※ ※ ※


今こそ自然から学ぼう 明確な倫理基準がないまま暴走し始めている生命科学技術と環境破壊。その問題を検証し、手遅れになる前になすべきことを宗教者として大胆に提言。自然と調和した人類の新たな生き方を示す

谷口雅宣(著) 定価(本体1238円+税)
▽四六判・上製/372頁/ISBN4-531-05901-8
初版発行 2002年/生長の家刊

ご購入はこちらから