header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
ブックレビュー(日本教文社) > > レビュー:『新版 女性の幸福365章』(谷口雅春著)

レビュー:『新版 女性の幸福365章』(谷口雅春著)

新版 女性の幸福365章
<DATA>
『新版 女性の幸福365章』
谷口雅春著
定価(本体2038円+税)
日本教文社刊

女性の天分を磨くきっかけを与えてくれた

生長の家創始者・谷口雅春先生が、すべての女性に幸福になって欲しいとの願いのもとに、恋愛や結婚、子育て、女性の生きがいなどについて、分かりやすく書かれたこの本は、私にとってバイブルのような存在です。

梅原優理子さん

私は社会人2年目の時、人間関係に悩み、自信を失って、将来の夢もないまま働く日々が続いていました。
不平不満ばかりを口にし、顔じゅう吹き出物だらけでした。
そんな自分を変えたいと思い参加したのが、生長の家の教えを学ぶ見真会でした。
その時、お世話をして下さった方々がとても輝いていたのが印象的でした。
私もこんな素敵な女性になりたいという思いが、心の中から湧き上がってきました。

それがきっかけで、生長の家青年会の活動をするようになり、「自分にしかない天分がある」ということを学びました。
そうした中で本書とも出合い、女性の天分は柔らかさのなかにあり、女性は愛の象徴であると学びました。
そして、女性にしかない天分を磨き、現し出すことが、自分に足りないところだったと気づいたのです。

その後、青年会活動にも打ちこむうちに自分に自信が持てるようになり、気がつくと顔の吹き出物もなくなっていました。
人間関係も修復され、人の喜ぶことをしたいと願うようになりました。

結婚した今も、夫婦の調和や妻としての幸せ、家庭天国の秘訣など参考になることばかりが書かれている本書を、いつも手もとに置いて読み返しています。



梅原優理子
神奈川県在住
生長の家青年会員
夫と2人暮らしで、趣味は映画鑑賞と茶道
毎回の稽古でお抹茶とともにいただく、
季節折々の和菓子が楽しみのひとつ

『白鳩』No.10「私のブック&シネマライフ」から転載


※ ※ ※      ※ ※ ※      ※ ※ ※


新版 女性の幸福365章 いかに生きれば女性が幸福になれるのかについて、生長の家創始者である著者が、妻・母・女性としての生き方、心の持ち方を具体的に示しながら解き明かしている。365章に分かれていて、1年かけて女性が幸福になる秘訣を学ぶことが出来る

谷口雅春(著) 定価(本体2038円+税)
▽四六判・並製/416頁/ISBN4-531-05180-7
初版発行 1996年/日本教文社刊

ご購入はこちらから