header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
ブックレビュー(日本教文社) > > レビュー:『いのちを引きだす練成会』(谷口清超著)

レビュー:『いのちを引きだす練成会』(谷口清超著)

いのちを引きだす練成会
<DATA>
『いのちを引きだす練成会』
谷口清超著
定価(本体1238円+税)
日本教文社刊

「練成会」の素晴らしさが分かります

練成会とは、数日間、道場などの施設で合宿しながら、生長の家の教えを学び、実践するつどいのことです。
これだけ聞くと、何か堅苦しく、自由が奪われるように、イメージされる方もいるかと思います。

しかし練成会での信仰生活は、心のわだかまりを、逆に解き放してくれます。
私達は常に神様から守られ、正しき願いを自由自在に叶えることのできる無限力が与えられていますが、そのことを理屈ぬきで体感体得できるのが練成会なのです。

生長の家と私の出合いも、この練成会がきっかけでした。
生長の家本部練成道場(61ページ参照)の練成会に初めて参加したのは、15年前の大学生の時です。
その頃、勉強が思うようにできず、人間関係もぎくしゃくしていました。
練成会では、真理についての講話を聴き、神想観(生長の家独得の座禅的瞑想法)や聖経読誦などを実践しました。
それらを通して、心の底から明るく変わることができたのを今でもはっきりと覚えています。

このご本には、谷口清超先生が練成道場で直接ご指導下さったことなども書かれており、参加者の体験談と解説を交えながら、教えが分かりやすく説かれています。
はしがきには、このように書かれています。

「人はよく物質の食事には気を使い、グルメとか食通などといって気を配っているが、とかく魂の栄養はおろそかにしがちである。
食物の方は毎日あきもせず、同じようなパンやバターやご飯を食べていながら、魂や心の養分は、『一回だけでよかろう』と思うかもしれないが、実は何回でも繰返し摂取する方がよりよく深く自覚され、よろこびも楽しみも、限りなくふくらんで来るのである」

さあ皆さんも練成会に参加し、明るく、楽しく、意義のある生活を送ろうではありませんか。
そして、大きな夢を描き、それを神様に託して、ぜひ実現していきましょう。



佐藤幸士
生長の家本部講師補
勤務:生長の家本部練成道場 練成課
出身地:北海道札幌市
趣味:スキー、温泉、家庭菜園
家族:二児(女の子)の父


『日時計24』No.11「私の日時計ブックレビュー」から転載


※ ※ ※      ※ ※ ※      ※ ※ ※


いのちを引きだす練成会 人間として生まれた意義と喜びを体得する場である、生長の家の「練成会」。練成を受けることによって、なぜ奇蹟的に治病したり、悩みや迷いから心が解放されるのか… 深い祈りに満ちた霊的な場ともなっている練成道場で、生きる喜びと愛に満たされた参加者の体験談を紹介。癒しを求めている人々に、新しい気づきをもたらす一冊。

谷口清超(著) 定価(本体1238円+税)
▽四六判・並製/256頁/ISBN4-531-05197-1
初版発行 1998年/日本教文社刊

ご購入はこちらから