header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
ブックレビュー(日本教文社) > > レビュー:『新版 希望を叶える365章』(谷口雅春著)

レビュー:『新版 希望を叶える365章』(谷口雅春著)

新版 希望を叶える365章
<DATA>
『新版 希望を叶える365章』
谷口雅春著
定価(本体1943円+税)
日本教文社刊

私たちは誰でも、楽しく幸せな生活を送りたいと考えています。
でも、日常生活では色々な出来事に遭遇し、大きな壁にぶつかったり、辛いと思う事もよくあります。
そうした場合、私たちはどうすれば良いでしょうか。
「幸せになりたい」とひたすら祈るだけでいいのでしょうか。

そんな時は、ただやみくもに祈ればよいというのではなく、まず「心の法則」を知って、それを日常生活のなかで実践することが大切です。

本田圭佑というサッカー選手がいます。
前回のワールドカップにも出場したので皆さんもご存知と思いますが、現在は海外のサッカーリーグで活躍しています。
チームの中心選手として活躍していた本田選手は、昨年、突然の怪我に見舞われました。
半月板損傷という膝の怪我で、スポーツ選手にとっては選手生命を左右しかねない深刻な怪我でした。
しかし本田選手は、「僕は怪我をして良かったと思っています。怪我をした時点で僕は進化していますから」と前向きな言葉を残しています。

生長の家創始者・谷口雅春先生は本書でこう説かれています。
「あらわれたる困難の前に萎縮してはならない。
 困難があらわれても、それを困難と見ないで立ち向かうべきである。
 それをわが友とし、わが導師とし、わが魂を磨く試金石として、感謝を以て立ち向かうべきである。
 (中略)困難が来(きた)ったときには、それは神の御業のあらわれんがためなのである。
 困難に向って、その実相の完全さを諦視せよ。
 神の智慧と愛とが、その困難の中に輝きつつ困難の暗黒を消滅せしめつつある有様を心で凝視せよ。
 やがて困難は消え去り、希望の光明が現れるのである」(147ページ)

本田選手は長い治療期間を経て復帰し、その直後に行われた三試合では「4得点2アシスト」の大活躍を見せました。
怪我をした時に「何で自分だけこんな目に遭うんだ」と否定的にとらえるのではなく、「怪我のお陰で自分は進化できる」とプラスに捉え、ますます向上する自分を心に思い描きつつ厳しいリハビリにも励んだそうです。
そうして心に強く描かれたものが現実の世界に現れてくるというのが「心の法則」なのです。

本書には「心の法則」に基づいた希望実現の方法がわかりやすく説かれています。
困難が現れても前向きな気持ちを失わず、光り輝く明るい人生を歩んでいくために、ぜひお勧めしたい本です。



興梠(こうろき)康徳
生長の家総本山勤務
趣味はスポーツと料理
妻と長男、長女の4人暮らし


『日時計24』No.32「私の日時計ブックレビュー」から転載


※ ※ ※      ※ ※ ※      ※ ※ ※


新版 希望を叶える365章 誰もが、日々の暮らしや仕事の中で希望をもち、その実現を願うもの。1年365章に分けて書かれた本書を毎日読み、自己の内部に宿る神性によるめざめ、正しい祈りによって神とつながるとき、希望は成就し、人生の勝利者となるに違いない

谷口雅春(著) 定価(本体1943円+税)
▽四六判・並製/348頁/ISBN978-4-531-05183-0
初版発行 1996年/日本教文社刊

ご購入はこちらから